愛知県名古屋市の保険代理店日進エルサポートはあなたのためにトータルライフサポート

HOME 保険代理店 名古屋市 生命保険
日進エルサポートにできるあなたのお手伝い 保険代理店 名古屋市 生命保険
そもそも保険とは・・・
保険選びで失敗しないために
ご契約の流れ
オススメ生命保険        損害保険プラン
住宅ローンもご相談下さい
あなたに合った保険をご提案します 保険代理店 名古屋市 生命保険
保険のプロによる提案実例集
お客様からの声
よくあるご質問
総合コンサルティング
日進エルサポートのご紹介 保険代理店 名古屋市 生命保険
経営方針
勧誘方針
権限明示
保険商品のご提案にあたって
弊社の推奨商品一覧
会社概要・アクセス
インフォメーション 保険代理店 名古屋市 生命保険
お問い合わせフォーム
プライバシーポリシー
コンタクト 保険代理店 名古屋市 生命保険
住宅ローンもご相談下さい 住宅ローン 名古屋市 保険代理店
  住宅ローンもご相談下さい
 住宅購入資金、住宅ローン借り換え
ライフプランにおいての大きなイベントの一つが
「住宅購入」です。

おそらく、何千万円もの大きな買い物は
「住宅購入」時という方がほとんどでしょう。
また多くの人は、金融機関を通じて、長期にわたっての
ローンを組んで購入されると思います。

それ故に、ローン選びは慎重に慎重を
重ねる事になります。
まずは「住宅ローン」の仕組みを知って、
金融機関の立場、不動産会社の立場を客観的に
把握し、その中で、どういう種類のローンを、
どこのローンを組んだらよいかを検討しましょう。

また、返済が長期にわたりますから、借入時の
経済状況が、必ずどこかの時点では変わってきます。
そのときにもあわてず、損をしない行動がとれるように、
今から準備しておくことが大事です。
住宅購入資金、住宅ローン借り換え 住宅ローン 名古屋市 保険代理店
住宅購入資金、住宅ローン借り換え(ライン) 住宅ローン 名古屋市 保険代理店

こんな疑問をお持ちの方はご相談下さい
・どんなローンを組めばよいのですか…
・今のローンを借り換えたほうがよいですか…
・マンションと一戸建て、どっちがお得…
・マイホーム派と賃貸派、どちらに軍配は上がる…
・信頼できる不動産会社の見分け方は…
・頭金はいくら用意した方が良いですか…
・頭金の準備の仕方は…
・頭金は無くてもローンは組めますか…
・マイホーム購入時に用意する諸経費はいくら…
・どの銀行のローンが有利ですか …
・民間のローンと公庫ローンとの組み合わせはどうすればよいですか…
・金利と住宅ローンとの関係は…
・ボーナス返済や返済期間はどう考えればよいですか…
・不動産会社で勧められる銀行のローンでよいのでしょうか…
・変動金利と固定金利、どちらを選べばよいですか…
・繰り上げ返済は有効でしょうか…
・つなぎ融資ってなんですか…
・夫婦別々にローンを組んだ方が良いのですか…
・住宅の名義は夫婦別々の方が有利ですか…
・銀行が勧める火災保険に入らないとダメですか…
・今のローンを借り換えたいのですが、どうすればよいでしょうか…
・今のローンを借り換えた方が得ですか、それとも今のままの方が得ですか…
・繰り上げ返済をするための資金を捻出するのに良い方法はありますか…
・今の年収で住宅を買うことは可能でしょうか…
・住宅購入にともないライフプランを見直したいのですが…
・住宅ローンを払いながら教育資金・年金資金を準備する方法は…
・ローン設定後、返済が厳しくなった場合どうすればよいですか…
・今は共働きですが、子供ができて、夫の稼ぎだけになっても返済は大丈夫…
・退職金でローン残債を一括返済するのは有効ですか…

住宅ローン基礎知識

長期固定金利型
<特徴>
  借入時に全返済期間の適用金利が決定するタイプです。
  借入時に返済期間全体の適用金利が確定するのと同時に返済額も確定します。

<金利の変動>
  借入時に全返済期間の適用金利が確定する。
メリット
1.借入時に全返済期間の返済額が確定するため、長期のプランが立てやすい。
2.低金利時に借りると将来にわたって低金利に基づく返済額を確定することができる。
(将来金利が上昇しても、返済は低金利のままで有利です。
 つまり将来の金利上昇の影響を受けない。)
デメリット
1.高金利時に借りると将来にわたり高金利に基づく返済額を負担しなければならない。
 (将来金利が低下しても、返済は高金利のままで不利)
 変動金利型
<特徴>
  金融情勢の変化に伴い返済途中でも定期的に金利が変動するタイプです。

 1.適用金利が変わると返済額が変わらなくても、元金部分と利息部分の割合が変わります。

<金利の変動>
  金融情勢に併せて変動する。
メリット
1.高金利時に借りると将来の金利の低下に合わせて返済額が下がる。
 (将来の金利低下時には恩恵が受けられる。)
デメリット
1.借入時に将来の金利が確定されずに不安が残る。
2.金利の上下に合わせて返済額の増減があるため、長期のプランが立てにくい。
3.低金利時に借りると将来の金利上昇とともに返済額が増える。

 固定金利期間選択型
<特徴>
  変動金利型の特約という形で、一定期間(3年、5年、10年が一般的)
  金利を固定させるものです。
  「当初3年間○%」など、返済期間中の一定期間に固定金利が適用されるタイプです。

 1.固定金利期間が終了すると自動的に変動金利型になる場合がほとんどです。
  (再度固定金利型を選択することもできます。)
 2.固定金利期間が短いものほど適用金利が低くなっています。
 3.当初の固定金利期間終了後の金利は、その時点の金融情勢に応じた
  金利が適用になり、返済額が見直しされます。
 4.通常適用金利の変動による返済額の増減に制限はありません。
  つまり、適用金利の上下により返済額が無制限に増減しますので、
  金利の上昇により返済額が大幅に増加した場合は、
  返済できなくなる可能性があります。

<金利の変動>
  固定金利型選択期間はなし。
  変動金利選択時は変動金利型と同じように変動する。
メリット
1.一定期間の返済額を確定することができる。
2.固定金利期間が短い場合は、変動金利型よりも低金利となり、
 さしあたっての返済額が少ない。
3.高金利時に借りると将来の金利の低下に合わせて返済額が下がる。
4.金利低下時には変動、金利上昇時には固定と金利変動に対応しやすい。
デメリット
1.借入時に固定金利期間終了後の返済額が確定されず不安が残る。
2.低金利時に借りると将来の金利上昇とともに返済額が増えてしまう。
3.変動金利型の特約のため、固定期間終了後に
  再度固定金利を選択すると手数料がかかる。
4.固定金利時には繰上返済の手数料が割高となる。
5.固定、変動の選択の判断が難しい。

▲住宅ローンもご相談下さいのTOPへ戻る

会社案内 住宅ローン 名古屋市 保険代理店 日進エルサポート

住所:〒463-0808 愛知県名古屋市守山区花咲台2丁目401番地
             日進機工(株)ビル4F
TEL:052-739-1788

ご相談・資料請求はこちらから

COPYRIGHT(C)2008 有限会社日進エルサポート ALL RIGHTS RESERVED.